ホテルはどこに泊まる?大阪のホテルと観光名所を紹介

様々な食文化や個性のある街並み、魅力的な観光スポットなど、一度は大阪に旅行に行きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。グルメやお笑いなど大阪には定番の観光スポットから新しい観光スポットまで一日では周りきれないほどの観光名所があります。最近は海外からの旅行客も爆発的に増えており、大阪の食文化や観光名所は世界から注目され、評価を受けています。

せっかく大阪の魅力を堪能するのであれば、一泊以上の旅行で行くのがおすすめです。定番の観光名所から新しい観光名所まで、また目的別に利用できるおすすめのホテルエリアも紹介しています。大阪旅行の際はぜひ参考にしてください。

豊臣秀吉の居城、大阪城

大阪城大阪の観光スポットの中でも根強い人気を誇っているのが、大阪のシンボルにもなっている大阪城です。豊臣秀吉によって築かれた城ですが、昭和に入ってから天守閣が復興されました。8階にある天守閣からは大阪城や大阪の町を一望することができ、天守閣の中には豊臣秀吉ゆかりの品が展示されています。大阪夏の陣の屏風絵や映像、模型展示など歴史資料も豊富です。

大阪城の天守閣は朝9時から夕方5時まで、入館受付は夕方4時半までとなっています。また大型連休や桜が咲くシーズンなどは特別期間として閉館時間を延長している場合もあるので大阪城のホームページで確認してみましょう。内部にはエレベーターが設置されているので車椅子の方やお年寄りの方も展望台まで無理なく上がることができます。

大阪のシンボル、通天閣

大阪城と同じく大阪のシンボルとして親しまれているのが通天閣です。通天閣は大阪市浪速区の新世界の中心にあるのが通天閣です。通天閣は展望塔ですが、2007年には国の登録有形文化財になっています。

そして通天閣の公式キャラクターとなっているのがビリケンさんです。尖った頭と釣り上がった目が特徴の子供の姿をしている幸運の神様です。ビリケンさんは通天閣の展望塔の5階には黄金のビリケン神殿があります。大きく突き出されたビリケンさんの足を撫でることでご利益があるとされており、商店や民家でもビリケンさんが祀られていることも多く、身近な福の神として愛されています。

グリコの看板が目印の道頓堀

大阪ミナミのメインストリートであり、食いだおれの街として有名店や粉もん巡りを楽しむことができるのが道頓堀です。グリコの看板と言えば道頓堀をイメージするという人も多いのではないでしょうか。マスコットキャラクターとなっている食い倒れ太郎もここにいます。

日本国内だけではなく海外からの旅行客にも人気となっているのが道頓堀であり、大阪で最も有名な観光地と言われることも多いです。飲食店の看板もユニークで、他の地域では見られないような大きな看板がたくさんあります。昼も夜も楽しむことができる人気の観光スポットです。

日本の滝百選に選ばれている箕面滝

大阪から車で30分ほどのところにあるのが、箕面滝です。大阪を代表する景勝地の1つであり、箕面滝は日本の滝百選にも選ばれています。現在は滝壺への立ち入りは禁止されていますが、かつては修験者たちの修行の場として利用されていました。とは言っても滝壺のすぐ近くまで行くことができ、滝壺の近くまでいくとマイナスイオンをたっぷりと浴びることができます。ゴツゴツとして岩肌をなめらかに水が流れ落ちる景観は迫力と美しさがあります。

箕面滝は滝だけではなく、鮮やかな緑や紅葉など季節によって様々な趣を感じることができるスポットです。大阪から車で30分程度で行くことができるとは思えないほど自然豊かな景色を眺めることができます。

関西を代表する若者のメッカ、アメリカ村

西の原宿・渋谷と呼ばれ、関西の若者文化の情報発信地として栄えてきたのがアメリカ村です。アートや古着、ストリートフードの街として、大阪ミナミの中心に位置しているのがアメリカ村であり、心斎橋駅やなんば駅などからアクセスしやすい人気スポットとなっています。アメリカ村には古着を中心としてアパレルショップが立ち並んでおり、ヴィンテージやヒップホップなどのジャンルが豊富です。

またアメリカ村はアートの街としても発展しており、アメリカ村を歩いているとs-ティスティックな壁をたくさん見ることができます。アート展を廻っているような感覚です。中には世界的なアーティストによって落書きを防止するために描かれたものもあります。個性を自由に表現できる場として大阪の中でも発展し続けているのがアメリカ村です。

梅田スカイビル空中庭園展望台

大阪市北区の梅田スカイビルの最上階にあるのが空中庭園展望台です。大阪梅田のランドマークの1つであり、スカイビル空中庭園展望台は地上170メートルの高さから大阪を一望することができます。スカイビルの内部にはオフィスや店舗、ショールームや映画館、イベントホールなどがあり、地下にはレトロな雰囲気の飲食街もあります。

おすすめのホテルエリア

大阪には一日では回ることができないぐらいの観光スポットがあります。一泊、二泊と宿泊をする際に、いったいどのエリアのホテルを予約すればいいか迷うという人も多いのではないでしょうか。そこで目的別におすすめのホテルエリアを紹介します。

道頓堀やアメリカ村、通天閣や大阪城など有名な大阪の観光地はすべて網羅したいという場合はなんばエリアのホテルがおすすめです。道頓堀やアメリカ村は徒歩圏内で行くことができますし、通天閣や大阪城の電車で15分程度です。

大阪以外に京都にも行きたいという場合は大阪、梅田エリアがおすすめです。京都へのアクセスがよく、大阪駅から新快速に載ると30分ほどで京都に行くことができます。また道頓堀や大阪城、新世界などにも行きたいという場合も電車で乗り換えなしで15分程度で行くことができるので非常に便利です。

まとめ

大阪の観光スポットはこちらで紹介した以外にも豊富にあります。グルメや見どころ、ショッピングなど様々な楽しみ方ができ、大阪にしかないというものもたくさんあります。大阪旅行はめぐりたいところがたくさんあるという人はぜひ連泊で旅行の計画を立ててみてはいかがでしょうか。

行きたい観光地によってホテルエリアを選ぶことでさらに便利に利用することができます。まずはどこを回りたいかリサーチをして、だいたいのプランが決まったら早めにホテルの予約をしましょう。